黄色合羽日記

海上にて活動中
<   2004年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧
後輩Y
入って5年目ともなると部下とも後輩ともいえない子達が
全員で4人いる。
やはり4人もいればその子それぞれで、できる子もいればできない子もいる。
でも、一生懸命でいろいろ質問してくれる子はいい! 気持ちもいい!
ときどきおせっかいが過ぎるときもあるけれど
それなりに信頼関係ができていると思っている。

ただ、一人だけ私を必要以上にいらいらさせるいらいら魔がいる。
その子は集合時間にルーズで報告ができなく
すぐに所在がわからなくなる。
それ以上に私をいらいらさせることは言い訳である。

今日も倉庫にその子が担当している業者の在庫が残ったまま
工場から直送で業者さんに納品されているものがあった。
普通ならば在庫を納品後にあたらしい商品を納品するのが一般で
在庫を持ちながら、新しい商品を納品することは考えられない

そこで、電話で注意した。
その子Yくんの悪いところは、失敗を認めるのではなく
その失敗をできる限り正当化することに力を費やす。

さすがに私も切れて、「言い訳はいい」と一括した。

後になってやっぱりツジツマが合わないところが出てきて
また電話で聞いた。
すると今度は私が「言い訳するな」といったから
きちんとした説明ができなかったからだと言う。

その上、きっちり考えながら段取りをしているのに
かき回さないで欲しいいと反対に言う始末。

ゼネレーションギャップなのだろうか?
Yくんは決して馬鹿ではない
だから、次から次へと言い訳も出てくるんだと思う。

でも、そのエネルギーを仕事に費やしてもらえないものだろうかと本当に思う。

今や先輩からも一目置かれる存在になった
私への新たなる試練なのだろうか・・・・・・・
[PR]
by beebeebeens | 2004-11-30 18:03 | Waku Waku Work
積極的精神

 積極的精神

 健康も寿命も、運命も成功も
 人生の一切合財が積極的精神によって決定されます。
 取り越し苦労は「百害あって一理なし」です。 (中村天風)


 いろんな取り越し苦労をしてきた、失敗したらどうしよう、嫌われたらどうしよう
 怒られたらどうしよう、仲間はずれにされたらどうしよう。
 でも、とりあえずやってみる! 自分の中ではこれ大事だな
[PR]
by beebeebeens | 2004-11-30 09:54 | Joy card
成功の秘訣

 成功の秘訣

 成功するまでやり続けることである。
 継続こそ、力なのです。 (松下幸之助)


 成功しているひともいっぱい失敗してきたんだと思う
 そういう人の言葉は重い
[PR]
by beebeebeens | 2004-11-29 12:16 | Joy card
愛すべき陶芸作品
私は2年ほど前から陶芸教室に通っている。 
仕事が忙しくかなり不良学生をしているが、
自分が作って焼きあがった陶器はなぜかいとおしい。

陶器がこんなにもいとおしいのなら
自分の子供はどんなにかわいいものかと想像するときがある。

学生時代、子供たちを集めてボランティア活動をしていた。
その子供たちの中にはやんちゃな悪がきも多かったが、可愛かった。
大学を卒業して、結婚が早い友達のところには子供が生まれた。
もうこれは、知っている友達の子だけあって可愛さひとしおだった。
そして今年、妹の所 弟の所 二人の甥が生まれた。
もうそれはそれはめちゃめちゃかわいい。

親密さと比例して
どんどん可愛さがエスカレートしていく中で
自分の子供はどんなだろうか?

陶器でさえこんなに愛しいのに
自分の生んだ子供
しかも愛すべき人との間に
[PR]
by beebeebeens | 2004-11-28 09:19 | Hobby
私が料理をしなくなった訳
就職して一人暮らしを始めた頃、決意したこと きっちり自炊する! 
この頃は自炊もすれば家計簿もつける良妻賢母ぶりを発揮していた!
部屋もこぎれいにしていたし、今の生活からは想像できない。

今考えれば、学生時代から付き合っていたUくんの為だったかもしれない。
結婚していざ料理よりも今から少しづつと考えていたためだったかもしれない。

しかし、Uくんとは遠距離で、何度か行った彼の寮にあった
電気コンロでは腕を上げた料理もほとんど振舞えずじまいだった。

いっているうちに北海道へ転勤になり、東京時代に合コンで知り合った
3つ年下のデパートガールが押しかけ女房、あっというまに既婚者になってしまった。
相手が私だと勘違いする同級生が出るほどの早業だった。、

一度別れたもののUくん以外との結婚を考えていなかった私には、
Uくんのことを聞かれるたびにつらい思いをしなければいけなかった。 
別れた理由も定かではなく、いつもの喧嘩だったような。
別れても別れても元にもどるんだと信じて疑わなかった。
現に学生時代、お互い違う人と付き合ったこともあったのに・・・


そんな訳で私はあまり料理をしない人になってしまった。
仕事が忙しいといえば言い訳に充分なるだろう。
そして今月のガスメーターが先月とまったく同じなのを見て
(お風呂はボイラーなので)
料理の再開を決意した。

仕事の帰りにスーパーによっていろいろ買い込んでみた。
車庫に車を入れるときに得意先から電話がかかってきて
すっかり夢中になり、忘れてしまったんだそう
スーパーで食料を買い込んだことを
次のあさ、助手席に無造作に置かれたスーパー袋をみて
愕然としてそのまま仕事へ行く
ありさま。

嫁に行くときには完璧に料理できるように
今から練習しとこう計画早くも挫折 残念!!
[PR]
by beebeebeens | 2004-11-28 09:18
失敗
 
 失敗

 失敗のない人生などあり得ません。
 問題は、失敗することにあるのではなく、
 失敗したとき、どう対処したかです。


 これって完璧を目指すときにわからなくなることがあるんだよね。
 落ち込む必要がないときにくだらない失敗で落ち込んで
 そして肝心の対処が行届かない。
[PR]
by beebeebeens | 2004-11-28 09:16 | Joy card
一日・十分・十年

 一日・十分・十年

 奥義に到達する秘訣。
 何事によらず、一日に十分間
 休まずに十年間続ける。
 一滴の水が、岩をうがつ。

 
 ラジオ英会話11月の出席率 3日 これでは奥義には達せない。
[PR]
by beebeebeens | 2004-11-27 09:02 | Joy card
勝ち勝ちゲーム

 勝ち勝ちゲーム


 あなたが本当に勝つためには、
 あなたのまわりの人を勝たせることです。


 社内の足の引っ張りあいはもうこりごり 参加しないようにしよう!
[PR]
by beebeebeens | 2004-11-26 15:56 | Joy card
両親の結婚記念日
今日25日は両親の34回目の結婚記念日でした。 
毎年、結婚記念日には花束が父から母へ送られます。
一日前は父の誕生日だから、父にとって自分の誕生日=お花のセッティング
父は結婚記念日を忘れたことがないんだろうと思うけど、
それはどこの家族でも行われていると信じてた私。

会社の上司や先輩に言うと、「お父さんやましいことあるんちゃうか」といわれます。

そもそも、某大手銀行(今はテーマパークのような名前になっていますが)の
窓口嬢をしていた母に猛アタックをして射止めたのが父である。

母曰く、いろんな男の人からアプローチがあったものの、
他の人はお断りするとそれ以上は何も言ってこなかったけど、
Kさんだけ断っても断っても結婚してくださいとしつこくて、
「僕と一緒になったらきっと後でよかったと思うよ」が決めてになったらしい。

しかしながら、当時、叔父のところで丁稚奉公をしていた父の収入は母の半分ぐらいで、
また、母に縁談があった人や同じ銀行員からしてみれば天と地との差だったようだ。

しつこかったからといって、そんな人を選んだのは母の世間知らずさも加わっているような気がする。 
それに加えて 今は落ちぶれてしまったものの良家のお嬢様であった母の実家では お女中さんが何人かいて、母についていたばあやもいたようである。
当然、母の父=私の祖父は反対したようであるが、
このばあやさんがKさんはいいと言ってくれたようで、結局、父と母は結婚した。
天涯孤独のばあやさんの墓参りを欠かしたことのないのは
父の感謝がこもっているんだと思う。

その後、独立をして立派に会社を切り盛りする父は結婚するときの母との約束を守っているし、
母も「Kさんと結婚してよかった」と心から言っている。

父は母のことをお母さんと呼ぶようになったが、
いまだに母は父のことをKさんと呼んでいる。私達家族からすれば、
それは至って普通であるが、
他の家族からしてみれば、すごく新鮮なことのようだ。

父と母の馴れ初めを聞いているからなのか
、父のようにこの人と決めたら一途にいかないからなのか、
今だ独身の我が身。 

父と母はまぶしい夫婦像である
[PR]
by beebeebeens | 2004-11-25 20:59
自己嫌悪
自己嫌悪しますが・・・

私もよく自己嫌悪してしまう。
 うらやましいという気持ちは簡単にねたましいとか憎いとか言う気持ちに変わってしまう。
 
●先生と大学卒業してすぐ結婚して2人のかわいい子供がて
豪邸に住んでいる、すぐ「幸せだよー」って言うHちゃんが嫌い。
●かつて好きだった人と結婚した美人S先輩が嫌い
●高校時代にみんなから人気のあったAちゃんが嫌い
●小学校のときできなかったのに、国立大学に合格したWちゃんも嫌い

 嫌い、嫌い、嫌い  
嫌いな子表面上は仲良かったりして、お友達ごっこしたりもする。
嫌な気持ち、それは心の中で思うとすごく嫌な気持ちになって出てくるし、
そう感じている自分に自己嫌悪

そして、このプログに書く。

はじめこのプログにすら、いいかっこばっか書こうとしていたけど、一度嫌な自分をさらけ出してしまったら、なんだかすっきりしたような気がした。

 できれば、人をうらやんでも妬まない自分でいたい。
そして、毎日がんばって人からうらやんでもらえる自分になりたい。
[PR]
by beebeebeens | 2004-11-25 20:21


by beebeebeens
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧